車を安全に運転するためには、ドライバーの状況が万全であることは勿論ですが、そのための環境が整っていることも重要です。その点で言えば、降雨は環境を阻害する大きな要因のひとつと言えます。降雨によって、まずは視界の確保が難しくなります。ワイパーを動かしても次から次へと落ちてきて視界を遮る雨は、とても厄介です。また大きなトラックなどとすれ違うと、大量の水しぶきを浴びることになり、一瞬で視界は遮られてしまいます。そして雨が降ると、道路が非常に滑りやすくなります。その滑りやすさと言うのは目に見えないため、非常に危険です。こうした危険を排除するためには、雨対策をしっかりと行うことが重要です。まず普段から、雨粒をよけてくれるワイパーの動きやゴムの消耗具合、そしてタイヤの空気の入り具合を点検しておくことが求められます。運転中は、雨対策としては、視界確保のためにそれほど暗くなくてもライトを点灯することが挙げられます。勿論、雨の量がそれほど多くなくても、ワイパーを動かしてクリアな視界を保つことは重要です。このふたつによって、降雨になると見えにくくなる歩行者や自転車を早めに確認することができます。またスリップを防ぐために、無理な追い越しや車線変更は避けることが必要です。スピードの出しすぎも厳禁で、特にカーブは、いつも以上にスピードを落とすことが求められます。路面が滑りやすいので、実際にブレーキを踏んでから車が停止するまでの距離も長くなります。ですから普段よりも多めに車間距離をとって運転するのも、雨対策のひとつです。

最近の投稿