車には走行時の振動や揺れを吸収するための仕組みとしてサスペンションがあります。タイヤとボディの間に装着されていて、路面からの衝撃を和らげます。乗用車にはストラット式のサスペンションが多く採用されています。構造がシンプルなので生産にかかるコストも少ないです。

トラックなどは重たいものを積載するため、ストラット式では不十分です。そのためリーフスプリングというタイプのサスペンションを採用しているものが多いです。丈夫で剛性に優れているのが長所ですが、柔らかさが少ないため安定性や乗り心地が悪くなるという短所もあります。

悪路を走行しているときには強い衝撃によって、サスペンションのスプリングがいっぱいに縮んで底を突く現象がおきます。これがボトミングという現象です。このときに車体とサスペンションが直接ぶつからないようにするために設置されているゴムやウレタン製の緩衝材のことをバンプストッパーといいます。バンプストッパーがあっても車体には大きいショックが生します。

これを回避するためにはホイールストロークをできるだけ大きくとり、車体に対する車輸の上下方向の可動範囲にゆとりを持たせることや、ストッパーによる急激なばね定数の変化がおきないようにする工夫が必要です。

最近の投稿