バウンシングと車の構造

| 未分類 |

車に対するゆれや衝撃については様々な種類の分類が行われていて、車全体が上下に揺れることをバウンシングと言います。
これらの揺れや振動などを吸収をして、走行を快適なものにしている役目のものがサスペンションとなっており、車体とタイヤの間の部分で路面から受ける衝撃を吸収することで衝撃を和らげています。
サスペンションやタイヤの部分は足回りと呼ばれており、車の安全性や操縦性の面において大きな影響を与える大切な部分であると言えます。
ゆれや衝撃は、多くのドライバーが車を運転していると経験する現象で、スプリングなどのパーツによっても衝撃から守られています。
サスペンションは様々なパーツによって成り立っているものですが、そのうちの1つとして路面からの衝撃を吸収する役割を果たすスプリングがあります。
スプリングによって衝撃を吸収して、車の姿勢を元に戻すことができます。
小さな揺れを抑制させるためには、スプリングを硬くすることが必要になります。
ただし、スプリングを硬くすると車の乗り心地が悪くなるために、車体の安定性と乗り心地をよくするためにダンパーという減衰装置が使用されています。
トラックなどの大型車の場合には、リーフスプリング式が採用されていることが多くなっています。

最近の投稿