自動車の安全運転を妨げる要因は数多くありますが、その中でも雨の存在は、よく遭遇する存在と言えます。雨が降ると道路が濡れるため、スリップしやすくなります。また水滴によってフロントガラスが濡れるため、視覚をクリアに保つのが難しくなります。そしてこれはフロントガラスだけではなく、ドアミラーにも該当することです。ドアミラーが雨に濡れると、左右の狭い視界をとらえるのが困難になります。これは特に、駐車する時には非常に厄介なことです。しかもフロントガラスにはワイパーがついているため、ある程度、雨粒を除けることは可能ですが、ドアミラーにはワイパーはついていません。ですから、酷い場合には自分でタオルなどで雨粒を拭くと言った対策が求められます。しかしこれでは自分も雨に濡れてしまうため、とても面倒くさいです。ですから最初からドアミラーへの雨による水滴対策をしておくと、とても便利です。この際に使用したいのが親水コートです。親水とは、水をはじく撥水とは異なり、水となじむことを意味しています。ですから親水コートを利用すると、雨が当たってもその水滴がコーティングとなじんで、ぺたっとしたような薄い膜のような状態になります。そのことで、視界を保つことができると言うわけです。親水コートは、液体タイプのものやスプレータイプのものが販売されています。ドアミラーについている汚れや油膜を、ミラー専用の研磨剤などを使用して丁寧に落としてから、これらの親水コートを丁寧に、ムラのないようにミラーに塗り付ける、あるいは吹きかけていけば終了です。

最近の投稿