雨の日の運転はただでさえ事故のリスクが高まります。それでも、雨の日は車で通勤したり、家族の送り迎えをしたりと車に頼りたくなります。
フロントガラスの撥水コートがしっかりとできていれば視界もクリアになり、走行中のワイパー操作も必要なくなります。それだけで、事故のリスクはぐっと抑えられます。しかし、撥水コートを買ってきて、ガラスに塗ったらそれだけで完璧な撥水効果が得られるというわけではありません。下手をすれば、まったく効果を有られずに、無駄な出費になってしまうこともあります。
ではどうすれば失敗しないのかというと、まず必要なのが油膜落とし剤です。フロントガラスには前回塗った撥水剤や、コーティング剤、洗車の際に使ったシャンプーの成分など、見えないだけでいろいろなものが付着しています。もちろん自然と付く汚れもその中の一つです。なので、まずはキレイにフロントガラスを洗って、それから油膜落としで徹底的に油膜を取り除きます。この時水分がポロポロと落ちていくようでは不完全です。ガラス表面をダラダラと流れていくようになったら、その部分は完全に油膜が落ちたことになります。これを全体に、見落とすことなくできるかがポイントです。この作業がしっかりできれば、もう撥水効果が期待できると言えます。それほどに、油膜落としの工程が重要だということです。
あとは撥水コートの説明文通りにやるだけです。今まで油膜を気にしていなかったという方は、フロントガラス表面をリセットしてみてください。期待通りの撥水効果が得られます。

最近の投稿