原因5.電気関係

| 未分類 |

自動車を運転する上で気をつけなければならないことの一つに、車両火災の発生があります。車両火災は自動車がガソリンなどの揮発性の高い燃料を使用しているため、場合によっては発生した火災によって爆発する可能性もあります。

そのため、常にその発生に注意しながら自動車を運転することが必要となります。真夏日などでは室内が驚くほどの高熱になったり、ダッシュボードに置いてあるライターが直射日光を浴びて、爆発して引火する事故も存在します。

また車両火災の原因にはそれ以外にもあり、比較的に多いのが配線などの接触不良によるケースです。例えば、現在の自動車はバッテリーよりカーナビやETC、オーディオなどの電源を取っており、そういった機器には、当然配線によって接続しています。

配線の接触不良を起こすと火花が生じる危険性があり、しかもガソリンの揮発された状態ではそれだけで容易に引火してしまう点があります。そのため、電気系統による原因での車両火災の発生が比較的に多いです。

他にはエンジンを起動させるためにスターター・モーターという電動機を用います。それもバッテリーより電源をとり起動させますがうまく起動せずに熱を持ち、それを原因として車両火災に結びつくケースも過去には存在しています。従って、日頃の車両点検や定期的な電気系統のチェックをマメに行なうことが車両火災予防の近道となります。

最近の投稿