「ピッチング」とは、走行中の車体が荷重移動によって前や後ろに傾くことを意味します。これは、走行中にブレーキをかけたときや急加速した際に発生します。ブレーキをかける場合は、車の前部に荷重が偏り、路面に車体が沈み込むような前方向の回転運動が生じます。急加速した場合には、後部に荷重が偏り、前輪が浮くような後ろ方向の回転運動が生じます。荷重移動のバランスが悪いと回転運動の力も大きくなり、車の挙動が不安定になります。
荷重移動による回転運動の発生について言えば他にも二つあり、前後を軸に左右の荷重移動をするものと、上下を軸に左右の荷重移動をするものがあります。前者は「ローリング」と言い、後者は「ヨーイング」と言います。
「ローリング」は、走行中の車がコーナーを曲がるときに発生します。このとき内輪は路面に沈み込もうとする力が働き、外輪は浮き上がる力が働きます。そのため、垂直方向に回転運動が生じることになります。
「ヨーイング」も走行中の車がコーナーを曲がるときに発生します。このとき荷重移動によって、進行方向に対して横向きの力が生まれます。この力をコーナーリング・フォースと言います。その結果、水平方向に回転運動が生じることになります。

最近の投稿