RRとはリアエンジン・リアドライブと呼ばれるエンジン搭載形式の一つ。車体後部にエンジンを搭載しており、なおかつ後輪が駆動するタイプの車両のことを表します。主に一部の高級スポーツカーなどに採用される形式です。一般的な自動車とは逆で、車体前方にトランクルームがあり、後部にエンジンがあるため、車体の重心が後部にありますが、後輪が駆動するため、しっかりとタイヤが地面を捉え、走行することができます。また上り坂などで後ろに重心がかかったような状態でも後輪が駆動しますのでしっかりと進むことができます。ですがデメリットとしては、高速走行時など、操舵性に欠けることが挙げられます。高速走行時などは特に重心が後部に偏り、車体前方が軽くなることにより、ハンドルを切ったときなど、タイヤがうまく地面を捉えないため高速走行時にハンドリング性能が欠けてしまうのです。こいった面から見ても現在では一部の高級車メーカーを除くほとんどのメーカーが採用していません。自動車を発進させる際のトラクションや走行性を楽しむことのできる車両ではありますが、その反面デメリットが大きいことからなかなか採用されるエンジン搭載形式ではありません。

最近の投稿