自動車を運転する上で、フロントガラスからの視界をクリアに保っておくことは、安全確保にもつながる重要なことです。フロントガラスが汚れていると、前が見えにくいため運転に集中することができません。また雨の日の運転などでは、すれ違った車のタイヤが泥水を跳ね、それによってフロントガラスが汚れると、一瞬にして視界が塞がれてしまいます。その一瞬の見えにくさが、大きな自動車事故にもつながりかねないため、瞬時に視界をクリアにできるようにしておくのも必要なことです。視界をクリアにするための必須アイテムとしては、ワイパーとウォッシャー液が挙げられます。雨の日や雪の日などは、ワイパーで雨粒や雪がフロントガラスの上にたまらないようにする必要があります。ワイパーは、ゴム部分が劣化すると汚れを落とす機能が著しく低下します。ですから、定期的に点検をして交換して下さい。そしてウォッシャー液は、フロントガラスを即座にきれいにするためには欠かせない洗浄液です。瞬時に、特に粘着性のある汚れがフロントガラスに付着した場合、これがあるのとないのとでは、汚れの落ち具合に大きな差が生まれます。また汚れのこびりつきを防いでくれるので、車をきれいに保つためにも重要な役割を果たしています。ウォッシャー液は、ボトルで販売もされています。ですから自分で補充することもできますが、ガソリンスタンドやカーショップなどでも交換してもらえます。運転中にフロントガラスが汚れた、だからきれいにしよう思ったらこれが切れていた、と言うことのないように、こまめに補充しておく必要があります。

最近の投稿