車は走行している間に路面のでこぼこや段差などによって、常に振動や衝撃を受けて走行しています。
空気を注入しているゴムタイヤによって多少は衝撃を抑えることができますが、それだけでは衝撃の多くを吸収することはできません。
衝撃を吸収することで車の乗り心地を良くするための機構として、タイヤとボディの間にスプリングやショックアブソーバーが取り付けられています。
スプリングやショックアブソーバーによってボディの重さを受け止めて、ホイールの上下運動などによって発生する振動を緩和させます。
ボディやホイールを連結させているリンク機構は、加速や減速によって様々な方向から力が加えられますので、適切な剛性や強度を保ちながらホイールを車体にとって有効なポジションに維持する役目を果たしています。
サスペンションとは、これらの車体における衝撃を緩和させるための装置とリンク機構のことを言います。
サスペンションは大別して、固定車軸方式と独立懸架方式などの種類があります。
固定車軸方式は左右のタイヤを車軸で連結させている仕組みのサスペンション方式で、シンプルな構造のために経費が安いメリットがあります。
独立懸架方式は左右のそれぞれのタイヤごとに別のサスペンションで動作する方式のもので、操作性や乗り心地の良さが特徴となっており、スポーツカーやレーシングカーなどにも採用されています。

最近の投稿