安全運転のためには、フロントガラスからの視界をクリアに保つことが必要不可欠です。そのことに大きな役割を果たしているのがワイパーです。しかしワイパーも、他の部品同様、劣化します。特にゴムの部分が劣化すると、汚れを落とす能力が低下してしまったり、波打つような不自然な動きと共と共に『ズズズ』とか『ガガガ』とでも表現するような不自然な音が発生する、いわゆるビビリが出てくることも多くなります。ですから、汚れをきちんと落とすためにも、ビビリ止めのためにも日頃から状態を点検し、こまめに手入れすることが求められます。ワイパーに対するお手入れとして、最も簡単に行えるのが、ゴム部分に付着した汚れを拭き取ると言う方法です。汚れを拭き取る道具は、水で濡らしたタオル、ないしはスポンジで十分です。ワイパーを指で持ち上げタオルやスポンジにゴム面を押し当てるようにして、後は端から端までタオルやスポンジを滑らせるだけで終了です。よりビビリ止めを求めたい場合は、それ専用の液体が販売されています。それをゴムの面に塗れば、ビビリ止め効果を期待できます。しかしゴムの部分に目視できるほどのひび割れがあった場合は、潔く買い換えた方が良いです。ゴム部分だけであれば換えのものはカーショップなどで、比較的、安値で販売されていますし、交換もそれほど難しくはありません。

最近の投稿