快適にドライブをするためには、定期的にワイパーを交換する必要があります。ワイパーはゴムで出来ているため、時間の経過とともに劣化してしまいます。そのため、水分を落とす性能が落ちてしまい、雨の日には前が見えなくなってしまう可能性もあり、危険性もあります。
ワイパー交換については、ガソリンスタンドやカーショップなどで依頼することが出来ますが、自分でも簡単に行うことが出来ます。
まず、行うことは車種に合った新しいワイパーを購入するということです。ホームセンターやカーショップなどで販売されているため、必ず車種に合ったものを購入するようにしましょう。運転席側・助手席側・後ろ側など設置する場所によりサイズが異なる場合もありますので、購入する際には注意が必要です。分からないという場合には、店員さんに確認するようにしましょう。
交換方法としては、まずワイパーを前側に倒し、アームとブレードの接点を確認します。接点部分に小さな突起がありますので、その部分を押しながら、ブレードをスライドさせるようにすると簡単に取り外すことが出来ます。次に、逆の手順で取りつけるようにします。方向を確認してから取りつけるようにしないと、走行中に脱落する可能性がありますので、注意が必要です。
手順については、製品の取扱書にも記載されているため、確認すると良いでしょう。

最近の投稿